資料請求

保健医療学部

理学療法学科

Physical Therapy

チーム医療がわかる、次代のリハビリ医療の担い手へ

患者さんの機能回復に向けて、さまざまな運動療法や物理療法を駆使しながら、ゴールをめざす理学療法(リハビリテーション)。
いま注目される理学療法の分野で活躍できる人材を育成するため、理学療法学科では、「人間」「健康」「理学療法」の3つの科学の分野からカリキュラムを編成しています。
医系総合大学ならではのチーム医療を基盤とした多彩な講義・演習科目は、全国でも例が少なく、各界の期待と注目を集めています。
保健医療学部理学療法学科

理学療法士とは

理学療法士は、英語名の「PhysicalTherapist(フィジカルセラピスト)」を略してPTとも呼ばれます。
疾病や病気がきっかけで身体に障害を持つ方や、高齢による身体機能の衰えた方に対して、「立つ、座る、歩く」などの基本動作能力の回復・維持・改善を目的に、運動療法や物理療法(温熱、水、電気、光線などの物理的手段を利用)を用いてサポートしていく仕事です。
対象疾患や病期も幅広く、中枢神経疾患・整形外科疾患(運動器の障害)・呼吸器疾患・心疾患・内科的疾患・体力低下などの対象を、救急・集中治療領域や周術期などの急性期から、維持・回復期までの慢性期まで対応します。
運動療法
患者さんが実際に運動を行うことで、関節の動きの滑らかさや可動域の改善、筋力の回復などの効果を図ります。また骨折や脳疾患などにより、動作に不自由がある患者さんに対して歩行訓練などを行います。
また、息切れがあったり、体力の低下した患者さんの耐久性の向上も図ります。
運動療法
物理療法
温熱、水、電気、超音波、レーザーなど物理的に外部から刺激を利用して治療をします。それにより痛みの緩和や運動能力の回復、むくみ・循環の改善をしたり、物理療法との併用で運動療法の効果を上げる準備にもなります。
物理療法

理学療法士の活躍の場

医療機関
物理療法、運動療法、日常生活指導など、患者さんの日常生活への早期回復・改善
スポーツ施設
スポーツ選手の早期回復・ケガの再発予防に対する治療・指導
小児施設
成長期の子どもたちの機能の維持・回復、両親への支援
教育施設
理学療法の基礎や臨床について教育・研究
老人保健施設
リハビリテーションの指導をして機能の維持・回復、社会復帰への支援
行政・福祉
健康増進のための教育、講演などの企画運営、患者さんへの介護や福祉機器の提案

保健医療学部理学療法学科データ

キャンパス
横浜
1年次は富士吉田
1年目は富士吉田キャンパスで全学部での全寮制の生活です。
さまざまな経験や人との出会いを通して医療人としての基礎を育めます!
学科生
147
2018年5月
36人(2018年度入学者)
1学年30人前後の少人数なので、同学年だけでなく先輩後輩みんな仲がよく、結束力が強いのが理学療法学科最大の魅力です。
専任教員数
27
2018年5月
先生方は、現役の医師や、医療従事者で、理学療法の各分野のエキスパートばかり。楽しく熱血指導でわかりやすい授業がモットーです。
教員一人当たりの学生数
5.4
2018年5月
教員一人当たりの学生数は大学全体で、全国第8位。きめ細やかな教育やサポートで学生全員を確実に一人前の医療人として育てていきます。
国家試験合格率
97.4%
2019年
85.8%(全国平均)
卒業後に受験する理学療法士資格の全員合格を目指して手厚い試験対策をおこなっています。そのため、常に全国平均を上回る成績を残しています。

理学療法学科 学びの特長

課題解決型学習(PBL)

4年間を通して学ぶ「チーム医療学習」では、課題に対して4学部の学生で構成されたグループで、問題解決をしていくPBLチュートリアルをおこないます。異なる学部のメンバーと幅広い視点で討論や発表を重ねることで、将来の医療の現場で患者さんの状態を把握する際に、医師や看護師との情報交換の場に不可欠なコミュニケーション能力や協調性を養うことができます。

理学療法学科_課題解決型学習(PBL)

高度で広範な専門知識と技術を修得するカリキュラム構成

4年間のカリキュラム構成は、多彩で充実した一般教養科目としての「人間の科学」、理学療法の確かな知識と技術を修得するための「健康の科学」、急性期医療から在宅医療まで、あるいはスポーツ障害やフィットネスなど高度で広範な専門知識と技術を修得するための「理学療法の科学」を体系化し、優秀な教師陣による指導から体得していきます。

理学療法学科_高度で広範な専門知識と技術を修得するカリキュラム構成
理学療法学科 4年間の学び
  • 1年次
  • 2年次
  • 3年次
  • 4年次

1年次

人との関わり方、豊かな人間性を養う
医療人としての基礎知識や態度を身に付けるとともに、附属病院や保健・福祉施設で体験実習し、理学療法士の役割・責任について理解します。4学部が連携して学ぶ「チーム医療」学習も展開されます。

学部合同で学ぶチーム医療学習
  • チーム医療の基盤PBLチュートリアル
  • 初年次体験実習
理学療法学科1年次

カリキュラム

理学療法学科1年次
理学療法学科1年次

2年次

基礎的な知識と技術を養う
からだの仕組み、病気・障害を知り、理学療法の基礎領域を学習します。
理学療法評価法の基本的手技などを身に付け、また臨床現場で必要となるコミュニケーション能力をグループ形式の実習等で磨いていきます。

学部合同で学ぶチーム医療学習
理学療法学科2年次

カリキュラム

理学療法学科2年次
理学療法学科2年次

3年次

専門領域を学び、臨床学習へ
専門領域を学び、臨床的内容へと学習を進めます。後半から附属病院やリハビリ施設で本格的な臨床実習が行われます。実際に患者さんを担当し、症状や課題に応じた理学療法の一連のプロセスを実践します。

学部合同で学ぶチーム医療学習
  • 病棟実習シミュレーションPBLチュートリアル
  • 在宅シミュレーション演習
理学療法学科3年次

カリキュラム

理学療法学科3年次
理学療法学科3年次

4年次

臨床実習を重ね、実践力を磨く
学部連携型の実習では、附属病院で実際に患者さんを担当しながら、チーム医療における理学療法士の役割を理解するとともに、より実践的な手技を学びます。

学部合同で学ぶチーム医療学習
  • 学部連携病棟実習
  • 学部連携地域医療実習
理学療法学科4年次

カリキュラム

理学療法学科4年次
理学療法学科4年次

理学療法学科 授業PickUp

解剖学
系統的な分類(系統解剖学)にしたがい、人体の構成を理解します。運動器総論(骨学、筋学)の基礎知識とりわけ上肢と下肢の骨格と筋の基本形態を理解します。
解剖学
運動学
運動学は姿勢や身体運動の成り立ちを明らかにする学問です。関節運動、姿勢、歩行運動を中心としてヒトの身体運動の基本的事項を学び、理学療法士として身体運動を捉える基礎を身につけます。
運動学

理学療法学科の進路・就職

学部を卒業し、国家試験に合格し、理学療法士免許を取得後、リハビリテーション病院などの医療機関、心身障害者・児センターなどの各領域に進むことができます。昭和大学附属病院へも、多くの卒業生が就職しています。

卒業後のステップ

卒業後のステップ

理学療法学科 卒業後の進路2018年度
理学療法学科 国家試験合格率
03
04
05
TOPへ