資料請求

保健医療学部

作業療法学科

Occupational Therapy

充実した教育環境で、「からだとこころ」のリハビリができるスペシャリストを育成

作業療法学科では、「人間」「健康」「作業療法」の3つの科学の分野からカリキュラムを編成し、障害のある方々への専門的理解はもちろん、いま求められるチーム医療を展開できる作業療法士を育成しています。充実した学内施設と豊富な実習病院施設を用意し、多彩な講義・演習、マンツーマン指導による実習・臨床教育を実践しています。
保健医療学部作業療法学科

作業療法士とは

作業療法士は、英語名の「Occupational Therapist(オキュペイショナルセラピスト)」を略してOTとも呼ばれます。
病気やけがなどが原因で、身体に不自由や障害を持つ方に対して、日常生活に必要な動作能力の回復を支援する専門職です。また精神障害のある患者さんも対象に、それぞれに合わせた形で社会復帰を目標に、体だけでなく心のサポートも行っていきます。
基本的
動作能力
運動や感覚・知覚、精神・認知などの心身機能
(関節の動き・筋力・感覚・状況認識・感情表現など)
基本的動作能力
応用的
動作能力
食事や家事など日常生活で必要とされる行動
(食事・排せつ・着替え・入浴・家事など)
応用的動作能力
社会的
適応能力
地域活動への参加、就労・就学などの社会活動
(問題解決能力・対人関係能力・学習能力など)
社会的適応能力

作業療法士の活躍の場

身体障害領域
●大学病院
●リハビリテーションセンター
●身体障害者福祉センター
●保健所、保健センター
など
老年期障害領域
●老人保健施設
●在宅介護支援センター
●特別養護老人ホーム
●訪問看護ステーション
など
発達障害領域
●小児病院
●児童福祉施設
●養護学校
●幼稚園、保健所
など
精神障害領域
●精神科病院
●精神保健福祉センター
●精神障害者社会復帰施設
など

保健医療学部作業療法学科データ

キャンパス
横浜
1年次は富士吉田
1年目は富士吉田キャンパスで全学部での全寮制の生活です。
さまざまな経験や人との出会いを通して医療人としての基礎を育めます!
学科生
88
2018年5月
28人(2018年度入学者)
1学年30人前後の少人数なので、同学年だけでなく先輩後輩みんな仲がよく、結束力が強いのが作業療法学科最大の魅力です。
専任教員数
22
2018年5月
先生方は、現役の医師や、医療従事者で、作業療法の各分野のエキスパートばかり。楽しく熱血指導でわかりやすい授業がモットーです。
教員一人当たりの学生数
4.0
2018年5月
教員一人当たりの学生数は大学全体で、全国第8位。きめ細やかな教育やサポートで学生全員を確実に一人前の医療人として育てていきます。
国家試験合格率
93.1%
2019年
71.3%(全国平均)
卒業後に受験する作業療法士資格の全員合格を目指して、学生一人一人に手厚い試験対策をおこなっています。

作業療法学科 学びの特長

実践に即したコミュニケーション力の養成

4学部の学生が連携・合同してそれぞれの課題の解決にあたることで、コミュニケーション力を養成します。そこでは、1年次から4年次にわたる幅広いステップが用意されています。
●1年次4学部全寮制
●4学部連携PBLチュートリアル

実践に即したコミュニケーション力の養成

系統的に臨床実践能力を身につける講義

「理論(根拠)→ 演習→実技→実習」の流れにより、系統的に臨床実践能力を育成します。

系統的に臨床実践能力を身につける講義

昭和大学の附属病院中心の臨床実習

1年次より順序だった幅広い臨床実習を昭和大学附属病院中心に行います。

1年次
● 初年次体験実習
2年次
● 臨床作業療法実習II
3年次
● 臨床作業療法実習III
4年次
● 臨床作業療法総合実習

昭和大学の附属病院中心の臨床実習
作業療法学科 4年間の学び
  • 1年次
  • 2年次
  • 3年次
  • 4年次

1年次

人との関わり方、豊かな人間性を養う
作業療法の本質を学ぶ
「その人にとって意味のある作業ができるようにしむける」という作業療法の本質を学び、職業についての理解を深めます。

学部合同で学ぶチーム医療学習
  • チーム医療の基盤PBLチュートリアル
  • 初年次体験実習
作業療法学科1年次

カリキュラム

作業療法学科1年次
作業療法学科1年次

2年次

作業療法の視点から対象者を理解する
その人にとって意味のある作業への参加が困難な人とその状態を理解するために、これまでに学習した作業療法の視点に基づき情報を統合する能力を高めます。

学部合同で学ぶチーム医療学習
作業療法学科2年次

カリキュラム

作業療法学科2年次
作業療法学科2年次

3年次

作業をできるようにしむける方法を理解する
「その人にとって意味のある作業」ができるようにどのようにしむけるかという「方法」を理解するために、2年次の目標であった対象者理解をさらに進めるとともに、作業療法における「方法」を学びます。

学部合同で学ぶチーム医療学習
  • 病棟実習シミュレーションPBLチュートリアル
  • 在宅シミュレーション演習
作業療法学科3年次

カリキュラム

作業療法学科3年次
作業療法学科3年次

4年次

診療参加型実習で作業療法の実践を理解する
「その人にとって意味のある作業ができるようにしむける」という作業療法の本質を作業療法実践場面を通して知るために、作業療法のプロセスの実際を体験します。

学部合同で学ぶチーム医療学習
  • 学部連携病棟実習
  • 学部連携地域医療実習
作業療法学科4年次

カリキュラム

作業療法学科4年次
作業療法学科4年次

作業療法学科 授業PickUp

身体障害作業治療学
身体障害領域における作業療法の臨床の場で遭遇する機会の多い代表的な疾患・障害を取り上げ、作業療法の概念・評価から治療までの基礎を身に付けていきます。さまざまな疾患・障害を知り、学ぶことにより、身体障害領域の作業療法をより深く理解していきます。
身体障害作業治療学
基礎作業療法学実習Ⅱ
作業療法の代表的な作業である陶芸や絵画、革細工、レクリエーションなどの基礎的な技法(材料・設備・手順・管理)を実際に体験します。健常者にとって簡単な作業でも、患者さんにとってはどうか。常に患者さんを意識し、作業療法士として広い視野と技術を身に付ける実習です。
基礎作業療法学実習Ⅱ

作業療法学科の進路・就職

学部を卒業し、国家試験に合格し、作業療法士免許を取得後、リハビリテーション病院や精神科病院、心身障害者・児センターなどの各領域に進むことができます。本学附属病院へも、多くの卒業生が就職しています。

卒業後のステップ

卒業後のステップ

作業療法学科 卒業後の進路2018年度
作業療法学科 国家試験合格率
03
04
05
TOPへ