資料請求

入試情報

3つのポリシー

アドミッションポリシー

入学後の学習についていけるだけの学力はもちろん重要ですが、人間性や意欲を重要視しています。そのため本学の入学試験は学科試験だけではなく、面接・小論文を取り入れているのが特徴です。これは受験のハードルを高める意味ではなく、一人ひとりの学生の人間性や意欲をしっかりみたいという考えからです。皆さんの医療人への想いや情熱を入学試験で伝えてください。
医系総合大学である昭和大学は「至誠一貫」の精神を体現する医療人の育成を目的に、次のような学生を広く求めます。

求める「学生像」

  1. 常に真心を持って人に尽くす意欲と情熱のある人
  2. チーム医療を担うための協調性と柔軟性のある人
  3. 医療や健康に関わる科学に強い興味を持つ人
  4. 自ら問題を発見し解決する積極性のある人
  5. 医療を通じた国際社会への貢献に関心のある人
  6. 一年次の全寮制共同生活・学習に積極的に取り組める人

「至誠一貫」とは

「至誠一貫」とは「相手の立場に立って”真心”をつくす」という意味です。
医療は弱い立場にある人々に奉仕する仕事です。
医療従事者の本来のあり方を深く考えて、この建学の精神を礎としました。
昭和大学は、未来に向けて「至誠一貫」のフラッグを掲げ続けていきます。

各学部方針

ディプロマ・ポリシー

「至誠一貫」の精神のもと、真心と情熱をもって、医療の発展と国民の健康増進と福祉に寄与する優れた人材を育成することを目的としています。この目的を達成するための特色あるカリキュラムを履修し、定められた修業年限の中で以下に関する基本的能力を身につけた者に、学士の学位を授与します。

各学部方針

カリキュラム・ポリシー

ディプロマ・ポリシーを達成するため、体系的、段階的なカリキュラムを全学年にわたって構築しています。

各学部方針

TOPへ