資料請求
挑む!昭和の人たち
挑む!昭和の人たち
卒業生

患者さんの気持ちに寄り添い、一緒に頑張る気持ちを持ちます

保健医療学部作業療法学科卒業 山口 純子さん
昭和大学藤が丘リハビリテーション病院 リハビリテーションセンター 作業療法士
people15-01

患者さんの回復がやりがいとして帰ってきます

回復期の病院の作業療法士として、患者さんの退院を目指し、精神面でのサポートを行いながら身の回りのことができるように、リハビリ室や病棟で実際の動作や方法の提案・練習を行い、より生活に直結した訓練を行っています。
さまざまな疾患の患者さんがいらっしゃるので、一人ひとりにあった治療を考えることや、その生活背景は皆さん異なっているので必要な生活動作を確認して介入していくことは大変なこともありますが、退院時に患者さんの笑顔が見られることと外来受診の際に声をかけてもらえることで、とてもやりがいを感じます。
患者さんによっては、急な病気やケガでリハビリが必要になる方も多く、自身の状況を受け入れてリハビリに向かう心構えをつくらなくてはいけない場合もあります。その気持ちに寄り添い、不安を話すことができる関係性をつくり、一緒に頑張るという姿勢を大切にしています。

people15-02

作業療法士としてできることを拡げていく

大学生のころはたくさん勉強もしましたが、息抜きに友人とも遊びに出かけることも多くありました。附属病院に就職しているので、学生時代の友人も多く今でも良い関係が続いています。寮生活もとても楽しかったですし、なによりも他学部の学生と、遊びでも勉強でも交わる機会が多く、いろいろな思いや考えを聞けたことは医療に携わる人としてとても良い環境で過ごせたと思っています。
今は回復期病院での勤務ですが、今後は急性期も含めさまざまな分野での勉強を深めていきたいと思っています。「日常生活動作の自立だけでなく、余暇活動や役割の獲得ができるように支援をする」というリハビリ以外の時間や退院後の過ごし方を患者さんと考えらえる作業療法士になることを目標に、常に学ぶ姿勢を心がけ、様々な知識を吸収し、視野を広げ、気づきを大切にしていきたいです。

people15-03

昭和大学を目指す皆さんへ
メッセージ
作業療法士は患者さんの思いに寄り添いながら、日常生活動作の自立に向けて支援をしていくというとてもやりがいのある仕事です。昭和大学では作業療法士としてだけでなく、働く上で大切なチーム医療が学べるので、自分の成長が期待できます。
私の「至誠一貫」
常に患者さんの思いに寄り添えるよう、自分ができる限りの知識と技術をもって、介入をしています。患者様とご家族の目標に向かって、真摯に取り組むことを大切にしています。
TOPへ